読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女寄れば寄るだけ姦し

実在する組織、現実とは一切関係ありません。趣味と妄想です。

学園天国

山のようだった仕事、ミス無くこなせたとは思ってなかったけど案の定。
昼から出向いていくつか片付けて、夕方は少しお出掛けしてきた。

るかちゃんとカナメくんの学校の定期演奏会へ。
定演て響きがすでに懐かしくて、知らず心躍るよね。

るかちゃんは私の命の恩人であらせられる女子高生。
服部さんに届けなきゃいけない書類を落としたとき拾って追っかけてくれた、という本物の命の恩人。
「気にしないでください!もっとすごいドジがこの世にはいますから!」って言ってくれたの、今なら誰のことか分かる。
間違いない、宮瀬さんだな。

そのるかちゃんが、定演のチケット渡されたけど売れないって言ってて。
分かる〜なんかあれ買ってくれそうな人思いついても既に友達が売ってたりするんだよね〜って何枚か買って。
るかちゃんは出ないらしいけど。
何年経ったか知れないのにそういう記憶って褪せないよね。
それで休日出勤してた関さんと今大路さんも誘ってハルくんと4人、連れだって高校生に紛れてきた。

正直、全然紛れてなかった。
上司と先輩、恋人に言うとこじゃないけど…イケメンたち目立ちすぎ。

すごくよかった。
なんていうの、青春の煌めきとパワーっていう感じ。
この歳になると案外、プロの演奏よりもああいう青臭くて全力な学生の演奏の方が遠くて貴重なように思えた。

るかちゃんに挨拶して、関さん達と別れて、帰り道「私も定期演奏会で劇やったことあったよ」って言ったら驚いてた。
潜入のときの大根役者ぶりからは想像もつかない大根役者だったけど。

初心にかえったところで明日からまた月火水、ほら木金まわって土日。
あの歌なんで日曜始まりなんだろうね。
ぼくら日々を楽しんで生きてこ〜!

めっちゃホリデー

久しぶりの休日、朝から快晴でお出かけ日和だった。

まあ、朝から快晴って、起きたのは10時過ぎなんだけど。

一緒に出て、ハルくんは散髪へ私は眼科へ行きましたとさ。
どんぶらこ〜どんぶらこ〜とまた視力が落ちてて、もういい加減にしなければいけない。
でも目悪くて良かったと思う、コンタクトしてたけど。
危なかった〜もし私の視力が4Kの画素誇ってたら、髪切って来たハルくんに命奪われてるところだった。

起きるのが遅かったから、昼すぎに月乃珈琲でスフレのパンケーキ食べた。
パンケーキとホットケーキ何が違うのか未だにわからないけど、あそこのほんとに美味しいよね。
2段くらいペロッといけてしまう。

で、本と靴下買って、新しいイタリアンと居酒屋を開拓して帰ってきた。
今日行った居酒屋、お酒の種類豊富で企画課のみんな気に入りそうなところだった。
ね、って言いながら帰ってきたところで関さんから着信。

明日は朝ゆっくりして、昼頃から出た方が良さそうだなあ。

タクシーと小話。

せっかくの金曜日、今日で事件もひと段落ついたので、帰りは課のみんなで飲んで帰った。

残念ながら渡部さんたち外務省の3人は海外出張でいなかったけど。

仕事のあと、スタンドの案件で桧山さんに会わなきゃいけなかったのでタクシーを使った。
その運転手さんが、昨日ピアノのコンテストだった娘の話をしてくれるのに夢中で目的地を行き過ぎてて、遠慮したけど無料にしてくれた。
聞き入ってた私も悪いのに、かたじけない。

出がけに見たスマホ画面に「槙慶太さんのお誕生日です」って書いてあったので、プレゼント持参。
正直、槙くんは何をあげてもありがとうって言ってくれると思う。
けど喜ばせられないものをあげるくらいなら気付かなかったフリの方がマシな気がして。
かといって付き合ってるわけでもなし、仕事が大きく絡んだ(私的には)男友だち、ましてセレブ。
考えに考えた結果、昔懐かしミルクメークを選んだ私を罵るならどうか罵ってくれ神楽さん、という気持ち。

ガルディーの袋片手にあのバーの重厚な扉を開く心許なさね。
大谷さんが揃わないからまだ始まってない、って感じで、ひとまず槙くんにミルクメーク献上して。
案の定「うわ、牛乳に溶かす?意味わからないんだけど」って言われた。
槙くんは喜んでくれてたけど。
お誕生日おめでとう!

桧山さんが来て用事を済ませたところで、大谷さんより早く春町さんがやってきて。
春町さんて神楽さんのアトリエのスタッフさんなんだけど(さん多いな)、前にスカウトでアトリエに駆り出されてた時、神楽さんのマチ針から救ってくれた恩人でね。

神楽さんに用があったみたいだからお暇したら、タクシー待ってる間に春町さんも出てきたので相乗りさせてもらった。
神楽さんのこと、口数は多くないけど聞けばにっこり笑って褒めて、この人は本当にあの人のいろんな側面を信用してるんだなと思った。
信用してるから過酷な状況のときも信頼して動くんだな、なんか企画課と少し似てるなと思った。

そんな企画課は今日も清々しいほど気持ちよく飲んだ。
そしてお風呂から出てこないけど、ハルくんは大丈夫なんだろうか。
そろそろ心配だから声かけてこようかな。
おやすみなさい。

納得の遺伝子

今日はすごい来客があった。

情報提供をお願いしてた神楽さんと…幼女。
2人が手を繋いで入ってきた瞬間の課の空気。

神楽さんが関さん青山さんと応接室で話してる間、その子に遊んでもらってたんだけどね。
その子、てちくん(女の子だけど)…茶橋グループの令嬢であらせられて…。
いやほんと、この頃日常に5桁くらい世界の違うセレブが飛び込んで来がち。

お祖父さん達が仲良しらしく、今日はデートのついでに寄ってくれたそう。
お話ししてたら、てちくん従姉妹にマトリがいるって言っててね。
「だれでしょう」っててちくんが言うので、知ってる人?ヒントは?って聞いてね。
したら手招きされたから、さこと二人てちくんに耳近づけるじゃん。

「はとかぐ」ってボソッと。

確信した、すずの従姉妹だ。
同じ目してた。
握手したあと「慶←亜」って言っておいた。
「しんどい」って言われた。
わかる、私もしんどい。

そのあとまた神楽さんと手繋いで帰って行ったんだけど、嵐みたいな二人だったな。
あの子目詰まりしてたコピー機適当に叩いて直しちゃったし。
今日のコーディネートもガッツリダメ出しされたし。

今週末はきちんと休み取れそうだからあと2日、やれることガンガン進めよう。
部屋でゴロゴロするのもいいけど、せっかくだからどこか出かけられたらいいな。

課長七変化

今日はみんな仲良く庁舎に缶詰だった。

ひとつ片付くとどうしてもこういう日が要るよね。

ハルくんは自分でプログラム組んで演算できるようにしてるらしいけど、正直こっちは組まれてるプログラム崩さずに処理終えることを生業としてる。
デスクワークもまだ全然追いつけない。
タイピングの速さでおお〜ってなるのは高校の情報までって孔子も言ってなかった?

前にも、っていうか事件の度にこういう日は巡ってくるから、だからいつだったかは覚えてないんだけどね。
こんな日に、私うっかり関さんのこと「先生」って呼んじゃったことがあって。

なんかすごいナチュラルに口から出て、さ行だし(それは関係無いにしても)関さんも普通に反応してくれたのね。
だから、ああ私なんか間違えた気がしたけどちゃんと関さんって呼んだよね、と思ってて。
したら今大路さんが「先生…?」ってやっぱり気付いちゃってね。
3年P組関先生〜!とかってね、ちょっと盛り上がりすぎて怒られたことがあったんだよ。
まあ先生も笑ってたから問題なかったけど。

なんでその話かっていうと、16時頃かな。
相変わらず書類とパソコンと睨み合ってたら、すごい懐かしいワードが耳に飛び込んできた。

「店長〜」

ってさこの声がね。

課内騒然。爆笑。
何屋だよ、っていうところから始まってこう、今思い出しても面白いんだけど、でも分かるんだよね。

分かる、なんか店長って言いかねない。
関さんが店長っぽいんじゃなくて、ちょっと困った時に呼ぼうとして口から出るのって先生か店長かお父さんでしょ。
さこ、笑っちゃってごめんね。
私が次やらかしたら思いっきり笑ってほしい。

関さんがひとしきり笑った後「小路、関課長って10回くらい書いておくか」って言ってて。
どう考えても冗談なのに、後で片付けてたらゴミ箱にさこの字のメモが入ってたのね。
10回関課長って書いてあってものすごく笑ってしまった。

A型だからか知らないけど、変なとこ真面目なのってかえって面白いよね。
完璧超人の青山さんが惹かれたのって、もしかしてこういうとこなのかなって思った。

甘味前線

小波のん、って知ってるかな。

ニュースtodayのお天気お姉さんなんだけど。


大学からの友達なんだよね。

たまにさこと3人で飲みに行ったり。

共通の知り合いがいて、これがビックリするんだけどカナメくんで。


夕方、図書館行ったらそのカナメくんと会ってね。

「最近おねーさん風邪ひいてるよね」って言ってて。

で、なんでカナメくんが知ってて私は知らないんだろ?って思ってたわけ。


そういえばこの頃全然集まれてないし、そもそもニュースtodayの時間帯に帰宅できないし、そりゃ知らないわ…と。


「風邪らしいね」ってLIMEしたら「花粉症かもしれない」って返ってきた。

ああ…もうそんな季節か…('-')


あと誠さんの新作、すごい良かったって。

次会えるときまでに読んでおきたいな。


明日からもう3月なんだね。

何年もお雛様出してないけど、舌出してたらと思うと怖くて…今更出せないな。


なんか桜餅食べたくなってきた。

明日買ってきて食べちゃお。

ヴォ◯デモート卿

今日から大きな事件に携わることになった。

機密になっちゃうから、これからしばらく仕事とはあまり関係ない話を主にしようかな。


そういえば昼休憩のときにさくやんが来た。

捜一からマトリへの書類を届けてくれたんだけど、さくやんて二課なんだよね。


まあ、本人も言ってた。

「私たしか二課なんだけど…」って。


自分のことは棚に上げて「断ればいいのに…」とか軽率に言っちゃってごめん。

あのときのさくやんの顔、たぶん忘れない。


「『お願い』とかだと思ってる?ただ笑顔で『いってらっしゃい』って、いきなりこれ渡されたの。中身も分かんないまま付箋に企画課って書いてあったからここに来たの。」


漫画とかでよく見てたけど、まさか自分の口から出ると思わなかった。

「お、おう…」って。


仕事は抜群にできるけど怖すぎて、私一課以外の人と話す時は「名前を呼んではいけないあの人」って呼んでる。

パリー・ホッター風に、あの人といえばあの人みたいな感じで。


ちなみにさこは「大魔王」って呼んでる。

優ちゃんは飲んだ時一回だけ「大魔神」って言ってた。


そして一課に届けるようにと預かった書類が私のデスクに。


次回予告

  突撃☆隣の大魔王

〜柴咲先生の次回作にご期待ください〜