読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女寄れば寄るだけ姦し

実在する組織、現実とは一切関係ありません。趣味と妄想です。

長所短所

私はけっこう字が汚い。

青山さんほどじゃないけど。

物心ついた頃から字は汚くて、特に直そうとも思わないまま中学生、高校生…
大学生のときに一念発起して綺麗に書こうと努めはじめた。
けど、今でも急いで書くと自分しか読めない字を書いてしまう。

地域社会と書かれた青山さんの字が「地獄社会」としか読めないって少し盛り上がった。
ギクッ!としたよね。
あ、あ〜!青山さんね!こりゃ地獄社会だわフフッ!って感じだった。

「前にもこんなことがありましたね」
って今大路さんが言って。
「なんでしたっけ?ありましたね」
ってハルくんが言って。
「徹夜の話ですか?」
ってさこが言って。
「やめろや」
って目で私がさこを見て。
結局、前に急いで書いた「徹底」が「徹夜」にしか見えなかったって話になった。

字が読めない話も私と青山さんのせいでちょいちょい生まれるけど、私は関さんとさこが生む誤変換の面白い話の方が好きだな。
例えば
招集しておいてくれ→消臭しておいてくれ
見に来て→ミニ着て
誤認逮捕→5人逮捕
とかね。

今大路さんは慣用句に不思議な反応したりすることあるけど、ハルくんはあんまそういう失敗談みたいなのないな。
早口言葉苦手みたいだけど。
高速増殖炉もんじゅ、とか絶対言えないよね。

みんな違ってみんないいってなんか誰か言ってたけど、さすがに字は直したい。
将来子どもの連絡帳とか汚いと嫌だもん。