読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女寄れば寄るだけ姦し

実在する組織、現実とは一切関係ありません。趣味と妄想です。

オバケなんてあったらどうする

26にもなって恥ずかしい話、お化けが怖い。


怖い話や夜人気の無い廊下はもちろんのこと、昼間でも場合によってはお手洗いひとつとっても怖かったりする。
流す時が一番怖くて、流すと同時にドアを開けないと何かが出てくるかもしれない、とか冷静に考えたら馬鹿馬鹿しいことを本気で考える。

ハルくんには本気で驚かれた話だけれど、子どもの時分インクモンスターズを観てから寝る時はクローゼットを開け放しておかないと寝付きが悪い。
ラン◯ールが出てきたらどうしよう、いきなりクローゼットが開くぐらいなら初めから開いてた方がまだマシだ、と思っての習慣。
どうでもいいけど押入れは絶対閉めて寝る。

小学生の頃に目の前で弟が噛まれてからダックスフンドも怖い。
基本1メートル離れてすれ違う。
天下無双みたいな体格しておいて(渡部さんと目線があまり変わらない)こんなことあまり知られたくないのだけれど、特に課の面々には。

雨の月曜日、買いに行くにも食べに行くにも億劫で、昼休憩をみんな会議室でお弁当をとってた。
口火を切ったのは誰だったか分からないけど(テレビだったかもしれない)、怖い話大会が始まってしまった。

さりげないつもりでお手洗いに立って、話が終わってることを期待しつつ戻ったのに…ものすごく盛り上がってて。
目があったさこが「ゴメン」って口パクしたのは覚えてるんだけど、順番だった今大路さんの話がえげつなさ過ぎて、気付いたら耳塞いで「あーーー!わーーー!!」ってやってた。

今大路さんなんで人畜無害みたいな微笑みでいてあんな怖がらせ方心得てるの?
お裾分けって大量のヨッキモッキ持って渡部さんと優ちゃんが入ってきた時、ブラボー!って言いたかった。
メシア?って言いたかった。

砂糖2つとミルク1つのさこに「私の気持ち」って言いながらブラックコーヒー渡してやった。
怖いから、JKでもないのに連れ立ってお手洗い行って「今大路さんは攻め」「だから峻春って言ってる」っていういつものやりとりして。

さて、どうやって今夜のお風呂と消灯就寝を乗り切ればいいのか。